クレジットカードの賢い使い方とは?

得をするクレジットカードの使い方

クレジットカードを不正に利用されないためのセキュリティ対策

クレジットカードはお買い物に便利で、多額の現金を持ち歩かなくても決済ができます。
消費した金額に応じたポイント還元があり、貯まったポイントを商品や飛行機のマイルに交換したり、買い物するときの割引に利用できるサービスが展開されています。
クレジットカードは、スワイプしただけで料金の精算ができるので便利な反面、本人以外の人に不正に使用されると、多額の買い物を勝手に行われてしまうというリスクがあります。
そういったリスクを避けるため、クレジットカード会社は厳重なセキュリティシステムを導入しています。
カードを通す時には本人しか知らない暗証番号を入力します。
もし、普段カードを使っているパターンと違う買い物をしたとき、例えば、日本国内でしか買い物していないのに突然海外でカードを切ったり、普段はしないのにオンラインショッピングでカードを切るなど、イレギュラーな行動を取った時には、カードの決済を止めて本人へ確認の電話を入れることがあります。

クレジットカードはセキュリティが大切です

クレジットカードに関しては、いつどのような目にあっても他人に勝手に使われないようにするために、セキュリティー面で非常に安心できるようなカードにしたいところです。
たとえ盗難にあったとしても、すぐに利用のストップをかけることができるようなものを持ち歩くようにすれば、安心して利用し続けることができるようになるでしょう。
最近ではインターネット上のクレジットカード会社のホームページに自分の情報でログインして、ネット上からすぐに利用をストップさせることができるといったサービスもあります。
もちろん、定期的に暗証番号等も変更することができるようになっているので、クレジットカードを所有している人は、面倒だと思わずにそういったことを定期的に行うようにしましょう。
そうすることによって、より完璧なセキュリティーになり、自分の身を守ることにつながります。
カードを使い続ける上では基本となる重要なことなので、必ず覚えておきましょう。

Last update:2016/5/25

COPYRIGHT(C)おトクなカードALL RIGHT RESERVED