クレジットカードの賢い使い方とは?

得をするクレジットカードの使い方

クレジットカードの審査の通過方法

クレジットカードを申し込んだからと言っても必ずカードが発行されるわけではありません。
クレジットカード会社は信用情報機関や申込書の情報をもとに審査を行い、結果発行見送りの場合もあります。
どのような点に注意しておけば発行されやすいでしょうか。
まず最初に過去に金融事故がある場合や短期間に何社も申し込んだ場合ですが、その場合はカード見送りの可能性が非常に高いので、半年から5年程度は間を空けておいた方が良いです。
しかし、そうでない場合は可能性があります。
第一に申込書に虚偽記載をしない事があります。
嘘をつかない事も審査の対象になります。
次に携帯電話を契約する事です。
携帯電話も信用情報機関に記載され、支払い実績になるのでカード会社には支払ってくれる人と言う良い印象を与えます。
最後に家族の誰かがクレジットカードを所有していれば、家族カードを発行してもらう方法もあります。
その場合審査はカードを所有している家族になり、カードが発行される可能性が高くなります。

クレジットカードの審査とは

クレジットカード発行のために必ず乗り越えないといけないものに審査があります。
クレジットカードにおける審査とは申請者のクレジットを調査する事にあります。
そのための情報として、必ず信用情報機関にクレジットヒストリーを確認します。
過去に金融事故があると通過が非常に難しくなります。
次に申込書の情報が正しいかどうかも審査の対象になります。
クレジット会社は、申請者が誠実に支払いに応じてくれる真面目な人かどうかも申込書を通じて確認しています。
その他のポイントとして、勤務先の規模や自宅に固定電話があるのか携帯電話だけかも情報も大切になります。
勤務先がきちんと申請者に対して給与を支払えるのか、また万が一支払いが遅れた場合にきちんと連絡が取れるのかどうかも大切な情報になります。
そして最後には勤務先に電話して実際に申請者と話しをする事で在籍確認をする時もあります。
以上のようは作業をしてクレジットカードが発行されます。

最終更新日:2015/12/16

COPYRIGHT(C)おトクなカードALL RIGHT RESERVED